calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

のんびりとやっていきましょうよ

名言で覚える英語

英語名言

めざせ toeic ハイスコア

ニュース

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.05.07 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今日のなぜなぜ 特別編 尖閣諸島について


まだ物書きとして未熟だから、今のうちは小説を書いたり
将来のことのために、たくさん勉強し精進しよう

そのためにこのページにはあまり政治のことについてえらそうに語ったりするのはなるべく控えよう
すくなくとも政治を語るためだけのスレは立てないと決めていましたが・・・・・

そう思ってました・・・・・・・・・


が、今回は例外です


尖閣諸島について

この問題について私が知ったのは小泉政権下で起きた あの国外退去の時ですね
不法入国したとして強制送還になったあの事件

このとき私は政治に少し興味のある中学生だったと思います

当然ながら学校では領土、領海、領空の国際法上の「定義」については説明しても
日本の最北端、最南端、最東端、最西端の説明はしても

竹島や尖閣諸島の話は全く学校で聞きませんでした。
まあ先生が世間話程度に竹島の話を持ち出したことはありました(中学、高校)が・・・・
「そういう問題がいまありますね」

その程度です

ええ、これがまず一つ目のなぜ

二つ目
最近youtube テレビ、ネット等みて思うこと

経済交流、領土問題、ナショナリズム・・・・・

そんな能書き言ってる場合じゃない
なぜそういう論点ばかり強調するのか
なぜナショナリズムとかそんな話をもちだすのか

よその国の船にぶつけておいて、一方的に謝罪要求
さらには「不当逮捕」だといわんばかりの釈放要求
そして変な圧力のかけ方

領土問題どうのこうの以前の問題
これは一種の攻撃としか思えない
というか中国側としては「法螺貝」代わりなんでしょうね
宣戦布告ですよ

これには毅然とした態度をとる
私ごときが言うのはなんですが、当然です
が・・・・

あらかじめ言っておきますが、今回はあくまでも那覇地検の判断です

が・・・・・・
 
中国漁船船長釈放

こんな早々と釈放するなんて何かあったとしかおもえませんよね

ビデオテープにちゃんと映ってて(不鮮明とはいえませんよね)
証拠不十分でもないのに釈放?

なぜ?

^砧呂あるとしたら ・・・・・・ 独裁も同然の国家相手に司法権の独立を曲げてまでひれ伏すなんて・・・・・・・ なぜ?

△覆い箸靴燭蕁 ΑΑΑΑΑΑ政治的要素をはらんだ事件とはいえ犯罪人を手放すなど・・・・・・ なぜ?


そんななかでこんなニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000156-jij-int

ええ、アメリカは制裁措置をとる構え
そう受け取れる措置をとりました

まあアメリカの議会の議決は単なるパフォーマンスや構えだけのときもありますが

相当危機感を覚えたんでしょうね

「このまま中国を調子付かせてはいけない」と

日本が中国に早々と白旗あげて、
「そろそろ手を打たないと」と思ったんでしょう

外交において「バランス」が大事なのをよくしってる国ですから(それで無茶苦茶になったこともありますが)

最後にthe wall street journal 電子版の記事ですが

見出しでこんなのがありました

Why Japan Cares About Rare Earth
(なぜ日本はレアアースにこだわるのか) 
(九郎個人の訳です なにかあればいってもらえれば訂正します)
(ただこれが一番しっくりくる訳かと思います)

まるで今回の問題で、日本はレアアースにやられたかのような論調ですが・・・・
でもこれは自国(アメリカ)や諸外国にもおこりうること

「産業のビタミン剤」、レアアース
実はたいしてrareではない
オーストラリアのある調査会社の調査によると
世界のレアアースの埋蔵量は15万トン 
(ちなみに同じ会社の調査で金は2500トン) 

それを安いからといって多く輸入しているしているアメリカ、カナダ
そして依存している日本

もし、これがstopしたら

とんでもないことです

長くなりましたが、最後に国家のこと、国のことを考えるのは決して悪ではありません
愛国心とか堅苦しいものでもなく 当然のこと

そして何かに依存しすぎることは、弱みでもあること
それを今回のことで改めて学びました


スポンサーサイト

  • 2011.05.07 Saturday
  • -
  • 22:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック